ルミガン

ルミガンの使い方の解説

まつげをケアする美容液などが市販されていますが、ルミガンの使い方はとても簡単です。

1日1回のみですし、1滴分を上まつげの付け根部分に、ルミガンを一塗りするだけなのですから、時間もかかりません。

使い方のイメージとしては、アイラインをひくような感じです。

アイラインと違って、塗った部分に色がつくわけではありませんから、気楽に毎日続けやすいところが特徴的です。

ルミガンと同じ成分を使用したラティースには、専用のアプリケーターがセットでついてきますが、別売でも購入することができます。

アプリケーターはルミガンの薬液が塗れればいいので、全く異なるアイブラシを使用したり、綿棒を使っている方も多いということです。

ラティースのアプリケーターを使ってみて、他のアイブラシの方がやわらかいと感じる人もいるようなので、自分が使いやすいものが一番なのではないでしょうか。

使い方で大切なことは、清潔に使い続けられるということです。

ラティースのアプリケーターは、使い捨てタイプとなっていますし、そのことはルミガンの別売りされている専用のものも、同じです。

毎日別のものを使っていれば、清潔そうですよね。

綿棒を使う場合も、いちいち洗わなくていいので、面倒な手間がかかないところがいいのでしょう。

ルミガンを垂らすとき、清潔さを保つという意味で、容器の口がアプリケーターなどに接してしまわないように心がけてください。

あまり神経質になる必要はないでしょうが、もし異変が現れたときは、早めに医師に相談しましょう。

まつげの付け根よりも、あまり広範囲にならないように塗りましょう。

ルミガンには色を濃くする作用もあることから、塗った部分がくすむ可能性があるためです。

ルミガンを使い続けている方の中には、自然なアイラインのようになっていいという意見もありましたが、ほおなどに付着したときは、ティッシュなどで拭く習慣をつけて、キレイな肌色を保つようにしてください。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ