ルミガン

ルミガンは使用方法で効果が変わります

まつげが少ないというお悩みは、多くの女性が持っているようです。

目が大きく見えるように、つけまつげやアイメイクを毎日行う人が増えています。

お化粧をクレンジングで落とすときや、つけまつげを取るときなど、どうしても抜けてしまうのは避けようがありません。

男性であっても、病気の治療薬の副作用によって、患者さんのまつげが少なくなってしまうこともあります。

そのようなとき、アメリカ生まれの点眼液のルミガンが、強い味方となってくれるでしょう。

ルミガンの使用方法は、至ってシンプルです。

使用方法が難しかったり面倒なものは、効果が現れるまでなかなか長続きしないものですが、ルミガンは他のスキンケアなどよりも簡単です。

毎日夜に1回、上まぶたに一塗りすれば完成です。

塗布具のアプリケーターや、細いタイプのアイブラシなどを準備します。

ルミガン専用のアプリケーターなどが発売されていますし、清潔な綿棒を毎日使い捨てにしているという方もいるようです。

塗るための道具に関しては、慣れていくうちに自分に合ったものを選べるようになるのではないでしょうか。

ルミガンを1滴垂らしたら、アイラインをひく部分につければいいだけです。

目安としては、湿る程度がちょうどいい量だということです。

上のまつげの付け根部分に、塗りましょう。

メイクを落としてから、乳液や化粧水などの通常のスキンケアを終えた後で、上記の使用方法に従って塗布してください。

メイクをした状態の上からルミガンを塗っても、まつげに効果は現れません。

コンタクトレンズをしている方は、外してから行ってください。

ルミガンを塗るとき、うっかりほおなどに薬液を垂らしてしまったり、まつげの付け根より大幅にはみ出してしまったときは、早めにティッシュなどで拭き取りましょう。

そのままにしておくと、その部分が色素沈着したり、毛が生えてくる可能性が考えられます。

色素沈着というのは、まつげの色を濃くする成分の働きによるものです。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ